デザイナーズマーケ-女性には「キュン」とする購入体験を

こんにちは、デザイナーのossoです。
わたしは女性なので、もちろん雑貨が大好きです。

ー雑貨店に行けばお店の雰囲気にドキドキし、どの子を連れて帰ろうかとワクワク。
ースーパーでいつもと違うものを見つけたら、思わず手に取って、気づけばカゴに入っている。
ーネットサーフィン中でも素敵なサイトを見つけたら、なにか自分にぴったりなものはないかしらと隅々見てしまう

そうやって買ってしまうものは、実は「生活を送るのに不可欠なもの」ではないんですよね。

今回はわたしがデザイン制作する際にベースにしている考え方のひとつ、「女性についつい買わせてしまう理由」を大まかにまとめてみます。
女性向けコンテンツを作るデザイナーはもちろん、ビジネスにかかわる全ての人に知って欲しい内容です。

女性が「素敵な不用品」を買うのは・・・

女性が「生活を送るのに不可欠ではないもの」=「素敵な不用品」を買ってしまう状況にはいろいろあります。
ほんの一部ですが、項目をまとめてみました。

どんなものを買ってしまうのか

・デザインに一目惚れしたもの
(持っているだけで気分が上がりそうなもの)
・すでに使ったことがある消耗品・食品で、今より少しだけランクが上のもの
(柔軟剤とか、チョコレートとか)
・自分のライフスタイルがもっとよくなりそうなもの
(おしゃれな家電、機能性のたかい女性向けサプリなど)

どんな目的で買ってしまうか

・がんばった自分へのご褒美
・人より良いものを使いたい、持っている自分をアピールしたい

どんなタイミングで買ってしまうか

・これなら悩みが解決できると納得できる理由を見つけたとき
・売り切れるかもと切羽詰まったとき
・SNSや雑誌掲載でなんども見ていて、欲しい気持ちが抑えられなくなったとき

女性のみなさんなら、どれも心当たりがあるのではないでしょうか。

自分をアップデートしたい!を叶えたい

ワンランク上に上がるイメージを伝える

わたしは”ついつい買ってしまう”背景には「自分をアップデートしたい」という気持ちが隠れていると考えています。
(もちろん、それ以外の理由もありますが!)
会計の瞬間にはその商品を使っている自分や様変わりしたライフスタイルに思いを馳せてドキドキワクワクすること、ありますよね。

ということはつまり、女性に何かを買って/選んでもらいたいときには

ーもし買ったら、使ったら、自分は変われる!と明確に想像させる
ー今いる世界よりワンランク上に上がった自分を想像させる

ということが大事だと言えます。

ツーランク、スリーランク上がるわけではなくて、あくまで“ワンランク”というのが重要です。
今いる世界と同程度のものには惹かれません。もともと絶対必要なものではないから。
そして、ほんの少しだけグレードが上がる、というさじ加減がポイントです。
買っただけでいきなりセレブ同等の生活ができるなんて、誰も信じません。

常に「キュン」とさせ続ける演出を

購入体験は商品との「出会い」から購入後の「開封の儀」、そして使用してシェアしたりリピートしたり・・・・・・長い長いルートが続きます。
その間ずっと、使えば「ワンランク上がれるよ」と一貫して伝え続けます。

ただ「ワンランク上がれるよ」と宣伝文句のように訴えかけても逆にしらけてしまうので、心理的に「キュン」となれるかどうかという視点で考えると想像しやすいかもしれません。

これはオンラインショッピングの大まかな流れですが、この全てのシーンで「キュン」となれると最高!

1.ネットサーフィン中に見つけたバナー広告をおもわずクリック

2.リンク先のLPサイトにあるビジュアル/キャッチと自分の悩みと照らし合わせる

3.サイト内にいまの自分にぴったりだという根拠が揃っている

4.お買い物しやすいサイト構成

5.届くまでのフォローメール

6.開封の儀 梱包資材やパッケージからも世界観を感じる

8.商品を使った時のおどろき/よろこび 早くシェアしたい、自慢したい、また使いたい!

逆に、途中で現実に戻されてしまう何かがあると、気持ちが冷めてしまうのです。(買ってくれない!)
“そんなに簡単に悩みは解決できないよね” ”ウソくさいな”とページを閉じてしまいます。
そもそも、「素敵な不用品」を買う目的は「気持ちをあげる」ことだったりするので、この考え方はとても大事。

「それってキュンとする?」を常に自問

商品を作ってお客様のもとに届けるまでにはいろんな職種の方がかかわるわけですが、できればすべての人にこれを知っておいて欲しい。これは、市場に流通させている企業から副業で頑張るハンドメイド作家まで、誰にでも言えることです。そして企画、開発、設計、流通、卸、販売、などなどすべての業種にあてはまります。

例えば、せっかく可愛い雑貨を通販で買ったのに、配送で嫌な思いをするとリピートしたくなくなります。配送業者とのネガティブな体験がそのまま「お客様の声」としてストアレビューに書き込まれ、見込み顧客を失うことにもつながります。

むずかしく考える必要はなくて、女性なら「わたし、キュンとする?」男性なら「自分の彼女なら喜んでくれる?」という視点なら想像しやすいかもしれません。

まとめ

女性が買い物する時に「キュン」となる背景や理由は年齢層や悩みなどで左右されるものですが、今回は女性の購買心理を大まかに説明するにとどめました。

この続きのお話はまた今度!商品写真やデザインに活かしていく方法を記事にしてみたいと考えています。

About me

グラフィックデザイナーのossoです。学生時代は着付けを習ってお箏を弾いていました。 読みやすくすっきりと整ったデザインが得意。女性らしい優しさや綺麗な印象を喜んでいただいています。大好きなデザインのお仕事に生かすため日々知識を取り入れて、提案に深みが出せるよう取り組んでいます。たけのこの里よりきのこの山派です。
詳しいプロフィールはこちら
インスタグラムでも制作事例をご紹介しています